洞爺湖と羊蹄山を臨む
想い豊かな繁殖牧場

トップページ

Breeding horses

ハヴユーゴーンアウェイの2023

Data

  • 2023年4月13日 生まれ 牝
  • アドマイヤマーズ

    ハヴユーゴーンアウェイ

    母父Congrats

  • 毛色

    馬体重380kg (6月13日)

  • 体高

    胸囲

    管囲

  • リザーブ価格1,500万円

上場市場:セレクトセール2024

母ハヴユーゴーンアウェイの産駒はこれまで総じて高い評価を受けながら、アクシデントなどで順調に使えないケースが目立ちました。そんな中、ボーンシストを克服してデビューにこぎつけた現3歳のオープンワンセルフ(父ドゥラメンテ)が、母に待望の初勝利をプレゼント。スタッフ一同が確信している「ハヴユーゴーンアウェイの仔は走る」ことを証明するには、もう少し時間が必要かもしれませんが、そこに向けて大きな一歩を踏み出すことができました。

そして母の5番仔となるのが本馬です。父のアドマイヤマーズは19年の香港マイルなど、GIを3勝した名マイラー。多くの活躍馬を輩出したダイワメジャーの最有力後継種牡馬と目される存在です。現2歳が初年度産駒となりますが、配合されている繁殖牝馬のラインナップ、何より産駒の出来を見る限り、成功は間違いないでしょう。

アドマイヤマーズは母系にリナミックス、シングスピール、メディシアンと、欧州のトップサイアーが配されてきました。それだけに「異系」となる米国血統とのカップリングは相乗効果が見込めます。とりわけ米国のダート7FのGIを制しているハヴユーゴーンアウェイは、理想的なパートナーでしょう。

父系由来の仕上がりの早さで、目指すは2歳夏のデビュー。そこから阪神JF、桜花賞、NHKマイルCと、マイル路線を席巻してくれることを期待しています。

mare

ハヴユーゴーンアウェイの2023の母馬

出産時の事故から見事に復活 不撓不屈ハヴユーゴーンアウェイ

レイクヴィラファームが開業して5年ぐらい経ち、そろそろ海外から繁殖を入れよう、という話が出たんです。ならば、本当にいい馬が欲しいということで、ノーザンファームの岡崎繁殖主任にも協力していただいて、ファシグティプトンのセリで見つけた馬です。 ...

ハヴユーゴーンアウェイ

Breeding horses