洞爺湖と羊蹄山を臨む
想い豊かな繁殖牧場

トップページ

Breeding horses

サントシャの2023

Data

  • 2023年1月22日 生まれ 牝
  • キズナ

    サントシャ

    母父Coulsty

  • 毛色鹿

    馬体重415kg (6月13日)

  • 体高

    胸囲

    管囲

  • リザーブ価格2,000万円

上場市場:セレクトセール2024

〝今春のGⅠ戦線で話題となった配合〟と聞いてピンと来た人は血統通でしょう。他でもなく、皐月賞馬のジャスティンミラノ、そして当場生産で桜花賞とオークスで3着だったライトバックに共通する「父キズナ×母の父Exceed And Excel」の組み合わせです。Exceed And Excelは名種牡馬デインヒルの優良後継種牡馬ですが、本馬の母サントシャの曽祖父もデインヒル。したがって前記2頭とはよく似た血統構成となります。

もう少し血統表を遡ってみましょう。デインヒルの父Danzigは主にスピードを伝えたスーパーサイアーですが、実はキズナとDanzigはニックスの関係。バスラットレオンが海外重賞を2勝、シックスペンスが今年のスプリングSを圧勝するなど、活躍馬が続出しています。

母は英アスコット競馬場で行われる「2歳牝馬の登竜門」GⅢプリンセスマーガレットS(芝1200m)の勝ち馬。重心が低く、一目瞭然で短距離向きという体つきをしていますが、本馬はいい意味で父の影響が出ているので、マイルまでは守備範囲でしょう。初仔とあって少々コンパクトですが、牝馬でもあり、そこまで気にする必要はありません。むしろ、脚元の不安が少ないことは大きなセールスポイント。ライトバックという〝お手本〟をなぞり、春の仁川を目指してほしいと思います。

mare

サントシャの2023の母馬

筋肉ムキムキのスプリンター デインヒル3×4のサントシャ

重心が低くて、見るからに短距離馬って感じの馬です。お父さんのコールスティはかなりマイナーな種牡馬ですが、日本で実績があるデインヒル系。しかもサントシャ自身にはデインヒルの3×4のクロスがあります。筋肉量豊富で体がしっかりしていて、いい仔を生 ...

サントシャ

Breeding horses