洞爺湖と羊蹄山を臨む
想い豊かな繁殖牧場

トップページ

Breeding horses

エンブレマータの2023

Data

  • 2023年3月14日 生まれ 牡
  • グレーターロンドン

    エンブレマータ

    母父ウォーエンブレム

  • 毛色青鹿

    馬体重445kg (6月13日)

  • 体高

    胸囲

    管囲

  • リザーブ価格1,500万円

上場市場:セレクトセール2024

今年の当場のラインナップで〝大穴〟を挙げるなら本馬でしょう。父は重賞1勝のグレーターロンドン、母は未勝利のエンブレマータ。この字面だけなら地味な印象を持たれても仕方ありませんが、実は隠れた良血馬です。

父は04年のオークスを制したダイワエルシエーロの半弟。現役時代は蹄葉炎に悩まされて思うようにレースを使えなかったものの、18年の中京記念を制覇。このレースを最後に引退に追い込まれましたが、無事ならGIのタイトルにも手が届いたことでしょう。種牡馬としても決して恵まれた状況ではない中、初年度産駒から22年の小倉2歳S覇者のロンドンプラン、昨年のエルフィンSを制したユリーシャなど、活躍馬を続々と輩出。瞬く間に日高の人気種牡馬となっています。

一方の母は08年の秋華賞を制したブラックエンブレムの全妹。姉は既にブライトエンブレム、ウィクトーリアと2頭の重賞勝ち馬を送り出していますから、妹にも大きな期待がかかります。

そんな2頭のカップリングですが、相性の良さは既に証明済みです。全姉のロンドンアームズは昨秋の新馬を快勝。続く菜の花賞でも2着に食い込み、ポテンシャルの高さを示しました。ここまでの成長曲線が姉に負けず劣らずの弟も、おそらくは早期デビューが可能。お値段以上の走りで、関係者の皆さんを喜ばせてくれるに違いありません。

mare

エンブレマータの2023の母馬

大ケガを乗り越えて気性も大人に  母らしくなったエンブレマータ

それも08年の秋華賞を制したブラックエンブレムの全妹です。現役時代は2戦して未勝利でしたが、血統のポテンシャルは高いですね。

エンブレマータ

Breeding horses