洞爺湖と羊蹄山を臨む
想い豊かな繁殖牧場

トップページ

Breeding horses

ボクノナオミの2023

Data

  • 2023年4月24日 生まれ 牝
  • ニューイヤーズデイ

    ボクノナオミ

    母父ニューイヤーズデイ

  • 毛色黒鹿

    馬体重397kg (6月13日)

  • 体高

    胸囲

    管囲

  • リザーブ価格1,200万円

上場市場:セレクトセール2024

ニューイヤーズデイという種牡馬が過小評価されている気がしてなりません。現3歳の初年度産駒は5月26日までにJRAで80頭がデビューして34頭が勝ち馬。勝ち馬率は42.5%を誇ります。種牡馬として同期のスワーヴリチャードが32.9%、レイデオロが21.7%ですから、その優秀さは一目瞭然でしょう。粒も揃っていて、エートラックスは交流GⅡの兵庫チャンピオンシップを制覇。バロンドールは交流GⅢのブルーバードCで3着に健闘し、UAEダービーでも6着に奮闘しました。そもそも、米国繋養時に超大物マキシマムセキュリティを送り出した実績がありますから、これぐらいの活躍は当然でもあります。

母のボクノナオミはゴールドアリュール産駒のJRA3勝馬。ダート1400m以下を主戦場に42戦を走り抜いた頑張り屋さんでした。そのエッセンスは産駒にも受け継がれているようで、初仔のワイノナオミ(父ドレフォン)は昨夏にデビューして、新潟で未勝利を快勝。芝ダートや距離を問わず、既に8戦を消化しています。おそらくは本馬も早期デビューからコンスタントにレースを使えるはずです。

曾祖母ハウヤドウーンに遡る一族はとにかく堅実で、JRAで20頭がデビューして16頭が勝ち上がり。実に半分の10頭が2勝以上を挙げているのは驚異的です。意外にもまだ重賞タイトルに手が届いた馬はいませんが、その壁は本馬が乗り越えてくれると信じています。

Breeding horses