マイミスリリーの2021

セレクトセール2022 上場番号 60
2021年2月24日生まれ 牝
  • ロードカナロア
  • マイミスリリー
  • 母父Tapit
画像
画像

芦毛の馬体はグレードレースの覇者である母、そして名種牡馬の祖父の影響を強く感じさせます。

母マイミスリリーはレイクヴィラファームの次代を担う繁殖牝馬の1頭。19年11月の米ファシグティプトン・ノベンバーセールにおいて、激しい競り合いの末に105万ドルで手にすることができました。決して安い買い物ではありませんでしたが、父が名種牡馬タピットという血統、さらにはケンタッキーオークスの主要な前哨戦であるGⅡガゼルSを制しているという実績から、この値段以上の価値がある馬だと確信しています。

そして、もう一つ強調したいのは母の母の父ハーランズホリデーの存在です。後継種牡馬のイントゥミスチーフの大成功によって米国で存在感を増していますが、日本でも直仔のアルビアーノやエスメラルディーナが重賞を制覇。また、孫の代からはモズベッロ、アリーヴォ、マリアズハート等の活躍馬が登場しています。

今夏には後継種牡馬のシャンハイボビーの本邦初年度産駒がデビューしますから、その血の優秀さは益々広く認知されることでしょう。〝先物買い〟ではありませんが、競走馬としてはもちろん、次代に血をつなぐ繁殖牝馬としての価値も含めて、自信を持ってオススメできる1頭です。

毛色
馬体重 464kg(6月25日)
体高 153.5cm
胸囲 171.5cm
管囲 19.7cm
上場予定市場 セレクトセール2022
リザーブ価格 3,000万円
ブラックタイプ
母馬競走馬成績 成績を表示
(外部サイトへ移動)

歩様動画