サルスエラの2021

セレクトセール2022 上場番号 141
2021年4月27日生まれ 牝
  • エピファネイア
  • サルスエラ
  • 母父マンハッタンカフェ
画像
画像

今年の種付料が国内最高の1800万円に達し、今やエピファネイアは〝最もクラシックに近い種牡馬〟と称される存在です。

そんなトップサイアーの産駒の〝必須アイテム〟と言われるのが〝サンデーサイレンスの4×3のインブリード〟。エフフォーリア、デアリングタクト、サークルオブライフのGⅠ馬3頭はもちろん、重賞で連対した全13頭がこのインブリードを持っているという事実には驚くばかりです。

もちろん、本馬も母の父マンハッタンカフェを通じて、サンデーサイレンスの4×3を保有しています。祖母ハルーワソングは近年の日本競馬を代表する名繁殖牝馬。産駒のフレールジャックとマーティンボロが重賞勝ち。孫の代からはヴィブロス、シュヴァルグラン、ヴィルシーナの3頭がGⅠ馬となりました。

未出走の母サルスエラはこれまでにJRAでデビューした産駒7頭のうち、5勝を挙げたヴェルステルキング(父サクラバクシンオー)を筆頭に5頭が勝ち馬。十分に優秀な成績ではありますが、血統のポテンシャルを考えれば、重賞戦線を沸かせる大物の登場が待たれるところ。本馬には一族の名を更に高める活躍を期待しています。

毛色 黒鹿
馬体重 397kg(6月25日)
体高 148.0cm
胸囲 166.5cm
管囲 18.5cm
上場予定市場 セレクトセール2022
リザーブ価格 2,500万円
ブラックタイプ
母馬競走馬成績 成績を表示
(外部サイトへ移動)

歩様動画