洞爺湖と羊蹄山を臨む
想い豊かな繁殖牧場

トップページ

Breeding horses

メジロコウミョウの2022

Data

  • 2022年2月10日 生まれ 牝
  • ブリックスアンドモルタル

    メジロコウミョウ

    母父キングカメハメハ

  • 毛色黒鹿

上場市場:セレクトセール2023

(同)雅苑興業様、4,100万円にてご購買いただきました。
誠にありがとうございました。

父ブリックスアンドモルタルは近年の米国芝路線を代表する名馬です。

3歳秋から1年以上の休養を強いられましたが、祖父ストームキャット─父ジャイアンツコーズウェイから譲り受けた生命力で復活。

復帰戦からラストランのBCターフまで、GI5つを含む7連勝を達成して、現地のファンから喝さいを浴びました。
その類まれな勝負根性や柔軟な身のこなし、皮膚の薄さゆえでしょう、一部の生産者から〝サンデーサイレンスの再来〟の声が挙がっているのも納得。

数年後にリーディングサイアー争いをしていることは確実です。

本馬は父の2世代目の産駒となります。血統面の最大の推し材料は、父系祖父ストームキャットと母の父キングカメハメハがニックスであること。
「父ストームキャット系×母の父キングカメハメハ」の配合からは、昨年の皐月賞を制したジオグリフや芝ダート二刀流のデシエルト、さらには当場生産のコンティノアールなど、活躍馬が続出。

また、逆パターンの「父キングカメハメハ×母の父ストームキャット系」からは最強スプリンター・ロードカナロアが出ていますから、頼もしいことこの上ありません。

半兄のコウソクスピード(父ヴィクトワールピサ)とシホノディレット(父アジアエクスプレス)はダートが主戦場でしたが、本馬は父の競走成績、そして一見華奢ながら品を感じさせる体つきから、芝向きでしょう。
曾祖母メジロドーベルを彷彿とさせるような、芝の大舞台での活躍を期待しています。

mare

メジロコウミョウの2022の母馬

メジロ牧場名義で最後の勝ち馬 母の分も頑張るメジロコウミョウ

メジロドーベルの血統であること、何よりメジロ牧場名義の最後の出走馬であり、最後の勝ち馬でもありますから、非常にメモリアルな馬です。ただ、あくまで競走馬としては1勝馬。それだけに繁殖としては結果を出さなければ出されるという厳しい立場でのスター ...

メジロコウミョウ

Breeding horses